現代はマネーを見失った時代だ

現代はマネーを見失った時代だ

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックには、さまざまなメリットがあります。審査に時間がかかる傾向の高い銀行カードローンなのに最短即日利用可能なこと、銀行カードローンならではの低金利と限度額、無理の無い最小返済額、そして利用者にとって小さいけれどうれしいのがatm手数料0円、無料なことです。

 

例えば自分の預金を引き出すのだって、ちょっと時間外になるとすぐに手数料が取られてしまうんですよね。自分のお金を引き出しただけなのになぜ!?と思ってしまいます。しかも土日祝日などに引き出せば210円とさらに手数料があがります。手数料って、下ろすたびにかかるからそのときは小銭だと思っているのですが、年間で算出すると結構支払っていたりしてバカにならないんですよね。

 

でもバンクイックだったら、お金を借りるのに手数料は0円です。バンクイックでは融資方法が今のところ三菱東京UFJ銀行のatmと、提携コンビニatmから引き出す方法だけなので、実質融資の際にかかる手数料は0円、ということになります。お金を借りるのには利息を支払う訳ですから、さらに手数料までとられてはやっていられません。ちょっとしたことではありますが、こうしたちいさいところにバンクイックが人気の理由があるのではないでしょうか。

 

さらにatmは夜間・土日も利用可能、1,000円単位で借入することができます。提携atmもセブン銀行、ローソンatm、イーネットと主要なコンビニatmはすべておさえてありますから、全国どこでも手軽にバンクイックが利用可能なことがわかりますね。

 

消費者金融 審査どうしても通したい
続きを読む≫ 2014/05/04 07:52:04

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの保証会社をみると、あの大手消費者金融のアコムになっているんですよね。大手消費者金融は大手銀行傘下になり、そのもとで消費者金融事業と保証会社事業を行っています。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループですのでバンクイックの、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスだと三井住友グループ系なので三井住友銀行カードローンの、というようになっているわけです。

 

ではバンクイックとアコムの審査は同じ審査なのでしょうか?バンクイックでは銀行での審査とアコムでの審査を行っていて、銀行側では銀行系信用情報機関に照会し、アコム側では信販系信用情報機関と消費者金融系信用情報機関との二つを照会し、これらを確認した上での審査結果となっています。

 

またアコムがバンクイックの審査をする際には三菱東京UFJ銀行の審査基準で審査をしますので、アコムと審査が同じ、というようにはならないのです。実際、どちらの審査も受けた人でアコムでは落ちたけれどバンクイックで審査可決されたという人もいます。審査基準はカードローン会社各社で違うとは言いますが、同じ会社が保証会社として入っていてもこのように審査結果に違いが出るのです。

 

ではどちらが厳しいのか?という点についてですが、これに関しては消費者金融であるアコムのほうが当然審査に通りやすいという人と意外とバンクイックのほうが審査が通りやすいという人がいます。アコムとバンクイックではそもそも消費者金融と銀行ということで総量規制など適用される法も違う訳ですので、そうした理由からアコムで審査落ちしてもバンクイックで通るということもあるかもしれませんし、審査基準は各社公にしていないため一概にどちらが厳しいのか?というのは言えないようです。

 

消費者金融 審査どうしても通したい
続きを読む≫ 2014/05/04 07:52:04

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、保証会社をみると大手消費者金融のアコムが審査をしているといいます。同じグループ内のカードローンであるバンクイックとアコム、この二つのカードローンの違いはどんなところでしょうか。

 

バンクイックとアコムはどちらもカードローンという金融商品ではあるのですが、適用される法律からまず大きな違いがあります。バンクイックは銀行が提供するカードローンとなりますので銀行業法下、一方のアコムは消費者金融ですので貸金業法下となります。貸金業法下のアコムでは、総量規制が適用されますのでまず借入総額は年収の3分の1を超えることができません。一方のバンクイックは総量規制の影響を受けませんから、借入額に法的な制限はつきません。また、総量規制の影響を受けないということで、本人に年収のない専業主婦への貸付けも銀行カードローンであるバンクイックなら可能ですが、アコムでは専業主婦への貸付けは行っていません。総量規制の影響はここにも現れているのです。

 

金利も銀行カードローンと消費者金融では大きな違いがありますよね。消費者金融も下限金利をみると銀行カードローン並みに低いところが結構あって、アコムもその一つではありますが、アコムの金利は4.7%〜18.0%、一方のバンクイックは4.6%〜14.6%、上限の金利に4%近い差があります。これは大きな違いですよね。

 

審査スピードでみてみるとどちらも最短30分としてはいますが、実際にはやはりアコムのほうが審査スピードは早いといえそうです。審査状況などにもよりますが、やはり傾向として銀行カードローンのほうが審査に時間がかかる傾向はあるようです。このようにバンクイックとアコムでは同じグループ系のカードローンではありますが結構違いがあるのです。

 

借入 最速で1時間以内に借入可
続きを読む≫ 2014/05/04 07:52:04

非正規雇用となるアルバイトやパートの方だと、金融機関でお金を借りたいというときにはやはり正規雇用の人と比べて審査に不利な点がありますよね。特に審査が厳しいところだと、アルバイトというだけで審査落ち仕手しまうのでは…と尻込んでしまう気持ちもあると思います。では、最近審査が通りやすいと評判の三菱東京UFJ銀行カードローン、バンクイックの場合、アルバイトでもお金を借りることはできるのでしょうか。

 

バンクイックの公式サイトのよくある質問では、パート・アルバイトや学生・主婦は申し込みできますか?という質問に対してパートアルバイトの方でも原則安定した収入がある方であれば、申し込み可能としています。学生でも利用可能ですが利用限度額は10万円以内、契約には親権者の同意が必要となっていますので、学生さんの場合にはちょっと不利な条件かもしれませんね。

 

アルバイトでも申し込みはできるということでしたが、実際アルバイトで審査可決されている人はいるんでしょうか?口コミなどをみてみると、アルバイトの方のクチコミはそんなに多くないようでしたがパートの方などはちらほら審査に通っているようです。融資金額も50万円などやはりそこまで大きな枠はもらえないようですが、それでも非正規雇用でも審査が厳しいとされる銀行カードローンでちゃんとお金が借りれているというのは心強いですよね。

 

バンクイックは口コミの評判をみてみると概ねよい評価をつけている人が多いようです。銀行カードローンとしては金利や限度額は極めて標準的なスペックなのですが、やはりこの借りやすさが人気の秘訣のようです。

 

カードローン借りる情報@カリルン/
続きを読む≫ 2014/05/04 07:52:04

借入先としてとても人気の高いプロミスとアコムです。プロミスとアコムならどっちで借りるべきか?と決められない方は、二つの消費者金融を比較してみましょう。申し込み者にとって特に気になる審査はどのようになっているのでしょうか。

 

プロミスの審査は、申し込み後まず自動審査からスタートします。自動審査によって借り入れの可否と、正式に借り入れできる契約可能額が決まります。自動審査で契約可能額が分かるまでには、最短で30分程度となっています。

 

可決となって、借り入れできる金額が分かれば必要書類を提出します。必要書類はアプリを利用してスマホや携帯から簡単かつスピーディーに送ることができますので、借り入れまでの時間に手間取りません。

 

その後、自分の銀行口座に借入金額の振り込みを受けるというキャッシング方法もできますので、さらに借り入れまでのスピードがかかりません。プロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座宛てなら、24時間365日いつでも瞬フリという10秒程度で振り込まれるサービスを受けることができます。

 

一方のアコムでは、申し込みをした後に必要書類を提出する必要があります。その後審査回答が分かるという流れになっています。少しの違いかもしれませんが、できるだけ早く審査回答をもらえると安心できますよね。ですから借り入れまでに急いでいるのならプロミスのほうがおすすめかもしれません。

 

申し込み後、審査は借り入れまでの重要なステップですね。できるだけ審査時間が短く、申し込み者にとって負担が少ない借入先を選ぶことは借り入れ成功へのポイントとなるでしょう。

続きを読む≫ 2014/05/04 07:52:04

ホーム RSS購読 サイトマップ